事前に決めておくべきことを整理しておく

mobile02_l.何らかの原因で離婚を決意した場合、離婚届を出す前に決めるべきことは多いです。離婚後、トラブルにならないように入念な準備が必要だからです。そこで、事前にしておくべきことを簡単に説明します。
まずは、取り決めです。離婚後の戸籍をどうするか、DVや不倫などがあった場合の慰謝料の金額、財産分与の額、子供がいる場合はどちらが親権者になるか、養育費の金額、年金分割はどうするかなどを、二人もしくは、弁護士をはさんで話し合って決めることです。そして重要なのが、その話し合って決めた内容を離婚協議書を作成して、まとめておくことです。
特に二人で話し合って双方納得の上離婚を決めた協議離婚の場合、特に取り決めなどなく何となく離婚してしまうと、後々トラブルになる可能性が高いのです。そこで、特に協議離婚の場合は、協議で決めたことを証拠として形に残す意味での離婚協議書の作成が重要となるのです。
ただ、調停離婚や裁判離婚では、その内容はそれぞれ調停調書、判決書で証拠として残るので、特に作成する必要はありません。
また、協議離婚の場合は証人が2人必要となります。証人が夫婦の場合はそれぞれ異なる印鑑を押してもらう必要があるので注意が必要です。

Comments are closed.