離婚届の書き方

omocha_l離婚の届出は役所に提出し、受理されて始めて夫婦は離婚した事になります。
離婚届には裁判離婚と協議離婚があり、それぞれ書き方が違います。
協議離婚は夫婦の合意の元に提出されるものですから、夫婦の書面と押印が必要となります。
更に20歳以上の成人2人の証人も必要です。
未成年の子供がいる場合は親権者をどちらかに決定し、記載します。
夫の氏を称する婚姻をしていた方は、妻は婚姻時の氏を名乗るか婚姻前の氏を名乗るか決める事が出来ます。
婚姻時の氏をそのまま名乗りたい時には婚姻時の氏をそのままな名乗る旨の届出が必要となります。
更に子供を自分の戸籍に入れたいと希望する場合は裁判所で許可を得て、その後入籍届をしましょう。
裁判離婚は裁判の証明書の添付が必要となります。
また、夫婦両方の書面と押印は必要ありません。
離婚裁判を起こした方が届出します。
証人2人の証明も必要ありません。
ただし、子供の親権者の記載と離婚後の氏をどうするか、新本籍は何処にするかはしっかりと記入しましょう。
また、離婚の届出を役所に提出する際には必ず、本人確認をされますので運転免許証やパスポート、住基カードなどの写真付きの証明書を必ず持参して下さい。

Comments are closed.