離婚届に必要な添付書類とは

shopping06_m協議離婚と裁判離婚の場合とでは必要書類が違います。協議離婚は、離婚しようとする夫婦が対象で、裁判離婚の場合は離婚をした当事者が対象となります。

協議離婚の場合には、離婚届に成年の2名の承認が必要で離婚届に署名と押印をしてもらえば大丈夫です。しかし、市町村によってほかの添付書類が必要な場合があるので届出先での確認が必要です。

裁判離婚の場合は、判決離婚、調停離婚、審判離婚とで違いがありますので注意が必要です。判決離婚の場合は、判決の謄本と確定証明書をそれぞれ1点添付します。調停離婚の場合は、調停調書1通を添付します。審判離婚の場合は審判書の謄本と確定証明書をそれぞれ1点添付するようになります。

このほかには、申請が必要になるので離婚届はどの場合にも必要です。離婚届は市役所か区役所、町村役場で受け取ることができるので、受け取って指定の場所に届けましょう。

提出する際、手数料は必要ありませんが、届出の際本人が確認できる書類が必要です。運転免許証やパスポートなどで大丈夫です。しかし、裁判離婚の場合で判決離婚、調停離婚、審判離婚、和解による離婚をした場合には、本人確認の書類の提示は必要ないので準備しなくても大丈夫です。

Comments are closed.